SSブログ

MSOCacheは動かせない [日々の出来事]

朝は条件によっては流星群が見えるかもという天気予報。雨雲レーダーも関東地方に雨雲がかかっていないことを示している。ところが、外に出てみると小雨。何だよ、このギャップ。雨雲レーダーなんて30分前の状況を示しているのに。当然流星群なんて見える訳なし。まあ光害でまず無理だろうけれどね。小雨と言っても、傘を差さずに歩いても問題なかろう程度の降り。この雨、絶対止むのは分かっている。傘を持っていくのは無駄という判断。確かに会社近くの駅から外に出たときは止んでいた。何となく勝ったような気分。
ここ最近のWindows Updateがたたったせいか、使っているPCのうち1台のCドライブ残り容量が1GByteを切っている状況。以前はVMWareで使用している仮想OSだったから簡単に作り替えることが出来たが、今度は実機。単純にOSを再インストールするという訳にはいかない。大きそうなファイルをチェックすると、「MSOCache」ディレクトリがやはり邪魔ということが分かる。このフォルダはMS-Officeのローカルインストールソース。MS-Office 2000あたりの頃は何か設定変更や修正モジュールを適用するたびにインストールCDを要求され、CDを探し回るということがよくあったが、このMSOCacheがあるおかげで、Windows Update等でMS-Officeのモジュールを更新してもCDを入れる必要が無くなった。が、その分CD内のイメージを持つため、それなりの容量を食っている。これ動かせないかなぁ、と調べると、LISTool(ローカルインストールソースツール)を使って動かせるらしい。但しこれはMS-Office2003に限ってのこと。MS-Office 2007は使えないらしい。試しに実行してみると、やはり使えない。MSOファイルが無いか壊れているというメッセージが出てくる。MS-Officeの修復をやれというメッセージに従ったが、一向に直る気配なし。このツールを使っての移動あきらめ。。次にレジストリエディタ(regedit)を使って、「C:\MSOCache」の値を片っ端から変更。これなら行けるだろうと試しにプログラムの追加と削除でMS-Officeの情報を選んで「修復」を選択すると、setup.xmlが見つかりませんというメッセージ。XMLファイルは全てgrepで検索して、「C:\MSOCache」の文字列が無いのは確認済み。うーん、レジストリだけでは無いんだな、やっぱり。じゃあ、MS-Officeの再インストール。一度アンインストールして、ローカルインストールリソースの作成箇所を制御してあげればいいや。どうも作成条件は、インストール時に空き容量1.5GByte以上のディスクと書かれているので、ぎりぎり1.5GByteの空き容量を切るくらいにして、インストールを開始。すると、わずか残り空き容量700MByte程度のCドライブを検索し、「空き容量が無い」と言い放つ。インストールしようとしているプロダクトリストの中に「ローカルインストールリソース」の文字も。MS-Office 2007はどうやら、MS-Officeのインストール先ドライブに常に「MSOCache」を作成する仕様に変更されているみたい。だから、インストール後に「MSOCache」だけ移動するという発想、不可なんだ。。ということで、MS-Office 2007をDドライブにインストールし、この件は終了。ただ、この後Service Pack2を適用し、Microsoft Updateをしたら、空き容量はますます減ってしまったじゃないか。なんということだ。


今日のひとこと:「指示通りに動いてくれないなぁ。。」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます